医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

DPC臨床指標

はじめに

DPC臨床指標とは、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標のことで、病院の実態をあらわす診療実績とは異なるものです。DPC臨床指標の公開の目的は、市民の皆様に当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことです。こうしたデータをもとに当院では、さらなる医療の質向上に向け、質改善活動を行っております。

当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

対象

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者。
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外。
  • 医療保険使用患者のみ対象とし、自賠責、労災、自費等は含みません。

DPCデータによる病院指標(平成29年度)

    1. 年齢階級別退院患者数
    2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 脳梗塞の患者数等
    6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 35 115 103 111 330 455 746 1214 1035 363
当院の一般病棟を退院された患者様の年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。
平均年齢68.47歳、年齢中央値73歳、年齢階級中央値70歳台となっており、70歳台、80歳台が最も多く、高齢化社会を反映しているといえます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 301 3.64 3.14 0.66% 60.97
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 176 11.48 9.68 3.98% 76.56
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 126 57.98 19.10 13.49% 67.02
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 123 6.59 7.34 2.44% 62.35
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-2あり 123 4.20 5.62 0.81% 68.47
脳疾患の専門治療を目的に、脳疾患領域における専門医を中心に診療しています。
最も多い症例は未破裂脳動脈瘤に対するカテーテル検査で、手術が必要か見極めるだけでなく、術後の定期的なフォローアップにも力を入れています。
外傷性のくも膜下出血や硬膜下血腫、脳挫傷等の頭部外傷に対する手術の症例も年々増加しており、高齢者の転倒による受傷が多く、平均年齢も76歳になっています。
脳出血を含む脳卒中は、ほとんどの症例が発症から3日以内に入院することが多く、必要に応じて手術を行なっています。軽症例から重症例まで、最先端の医療機器と豊富な診療実績のもと、24時間365日の救急医療体制を築いています。
内頚動脈や椎骨動脈などの脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、中大脳動脈などの脳動脈の閉塞及び狭窄は、脳梗塞を引き起こすリスクを高めるので、継続的な検査を行ない、必要であれば患者さんに合った手術を選択し治療をしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 415 38.49 27.09 6.02% 83.54
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 131 3.50 5.21 1.53% 56.20
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 66.00 9.47 9.49 0.00% 40.86
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 64.00 22.14 17.28 0.00% 63.41
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 64.00 3.50 5.54 0.00% 47.22
大腿骨骨折に対する手術の症例が最も多い結果になっています。
大腿骨骨折は術後のリハビリテーションが重要であり、一般病棟で急性期治療終了後、当院の地域包括ケア病棟ではリハビリと並行してソーシャルワーカーと連携を取り在宅復帰支援や介護施設、老健との地域連携に力を入れたり、回復期病棟においてリハビリテーションを重点的に行なったりと、総合的な治療管理を行なっています。
社会復帰のため早期の退院を希望される若い世代の患者さんが多い前腕や鎖骨、肩甲骨の骨折に対する整復術では、全国平均より在院日数が短くなっており、患者さんの負担軽減に取り組んでいます。
また、何らかの原因で脊椎の神経の通り道が圧迫される疾患である脊柱管狭窄症に対する手術・治療も行なっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 148 3.10 4.62 0.00% 72.71
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 113 2.19 3.03 0.00% 72.88
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等-2なし 副傷病なし 87 2.09 3.19 0.00% 72.57
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21.00 4.38 5.68 0.00% 72.95
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 7.94 17.71 6.25% 79.63
主に狭心症に対するカテーテル検査や治療を行なっており、上位3つを占めています。
カテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで誘導し、冠動脈を撮影したり、冠動脈の狭窄や閉塞部分に対してバルーンやステントを用いて治療しています。
下肢閉塞性動脈硬化症に対する検査・治療も行なっています。
心不全等は必要があれば転院し、近隣病院との医療連携に努めています。
1位~5位までのすべての診断群分類において平均在院日数が全国平均より下回っており、患者さんの負担軽減に力を入れています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x097x0xx 非外傷性頭蓋内血種(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)その他の手術あり 手術・処置等2-なし 29.76
脳疾患や外傷などにより後遺症や障害のある患者さんに対し、機能回復訓練など幅広いリハビリテーションを展開しています。
一般病棟ではなく、回復期リハビリテーション病棟等で重点的にリハビリテーションをしているため、こちらの指標で該当する件数は10件未満となっており、数値を掲載していません。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 26 12.23 6.32 3.85% 58.62
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 10.05
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18.66
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20.83
脳疾患合併症や神経内科疾患、消化器疾患、生活習慣病など一般内科疾患を中心に診療しています。
てんかんは幅広い年齢層の方が抱える疾患ですが、高齢者の患者層も増えています。救急搬送も多く、脳神経外科の医師と連携を取り治療に取り組んでいます。
髄膜炎は小児だけではなく、大人もかかる病気で頭痛、発熱などを伴いますが、こちらも脳神経外科と連携を取り診療を行なっています。
脱水症や誤嚥性肺炎で入院加療が必要な高齢の患者さんの受け入れも行なっており、地域の高齢社会に貢献しています。
脳神経外科が中心となり連携して治療に取り組んでいるため、こちらの指標で10件未満のものについては数値を掲載していません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について初発患者の病気分類による患者数、再発患者の患者数を示す指標です。
がんの診断、治療を行なったか、がんがどれくらい進行しているかを示すものです。
当院は、がんの専門治療を行なっておりませんので、5大癌すべてにおいて10件未満の集計結果になっており、数値を掲載していません。
地域がん診療拠点病院等と連携を取り、スムーズな紹介、転院に努めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症 13 16.00 80.85
超重症
不明
この指標は、入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象です。
当院へ入院して肺炎の治療を受けられる患者さんの大半が誤嚥性肺炎ですが、誤嚥性肺炎はこの指標の対象疾患には入っていません。
重症患者数が最も多く、平均年齢は80歳となっています。
その他の重症度においては件数が10件未満となっており、数値を掲載していません。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 610 45.15 76.11 6.70%
その他 121 28.95 72.71 1.09%
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
脳梗塞では大半の患者さんが発症から3日以内に治療を受けられています。
迅速な治療を行なうことが退院後のADLに大きく影響することから、当院では緊急に治療が必要なケースに対応できる医療体制の確保に力を入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 130 1.35 10.86 5.38% 77.16
k178-4 経皮的脳血栓回収術 60 0.05 71.70 18.33% 78.37
K1781 脳血管内手術(1箇所) 59 1.29 7.27 1.69% 61.92
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 56 6.45 41.89 12.50% 63.38
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 41 4.85 16.71 7.32% 75.41
外傷による慢性硬膜下血腫に対する血腫穿孔洗浄術(ドレナージ術)が最も多く、平均年齢77歳と高齢者に多く施行している手術です。
経皮的脳血栓回収術は急性期脳梗塞に対して行なう血管内治療で、発症後8時間以内の患者さんが対象となります。カテーテルを頭の中の脳血管へ進め、血管を詰めている血栓を溶解したり、回収したりして、閉塞した脳血管を再開通させます。
脳血管内手術は、未破裂脳動脈瘤の症例や破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血症例に対して、カテーテルと呼ばれる医療用の極めて細い管を使用し、血管の内側から治療する方法です。手術ではカテーテルの他に、薬剤やコイル、ステント等を用いて治療を行います。
同様の症例(未破裂脳動脈瘤、破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血)に対して脳動脈瘤頸部クリッピング術も行なっており、こちらは開頭手術であることと、くも膜下出血の場合は術後の管理を慎重に行なうことなどから、他の手術と比べて長い在院日数になっています。いずれの手術も患者さんの状態や症例によって適切な手術を選択しています。
経皮的頸動脈ステント留置術は内頚動脈狭窄症や脳梗塞に対して、ステントを用いて治療を行ないます。
どの手術も術前日数が短いですが、経皮的血栓回収術は緊急手術ですので術前日数が特に短い傾向にあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 320 1.61 29.48 5.00% 78.03
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 182 1.58 35.41 7.69% 83.52
K0462 骨折観血的手術(下腿、手舟状骨、前腕) 171 2.07 11.82 1.75% 57.95
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿、前腕) 127 1.00 1.16 0.00% 49.36
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 90 3.31 23.97 0.00% 63.68
骨折観血的手術(上腕、大腿)では77%が大腿骨骨折で、人工骨頭挿入術(肩、股)は99%が大腿骨近位部骨折です。
いずれも平均年齢から高齢者に多い症例であることがわかります。
骨折観血的手術(下腿、手舟状骨、前腕)では、年代において有意差はなく、前腕の骨折においては平均術後日数が4.28日であり在院日数が特に短くなっています。
また骨折観血的手術により骨が癒合した後の挿入物の除去術も在院日数が短く、短期間の入院の傾向にあります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 147 0.89 2.69 0.68% 73.05
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 0.38 3.00 0.00% 72.95
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの)
最も多い手術症例は、経皮的冠動脈ステント留置術(心臓カテーテル治療)です。緊急で行なうものもありますが、ほとんどが予定手術で行われ3日間のクリニカルパスで運用されています。
下肢閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血管除去術(PTA)や、狭心症等に対して経皮的冠動脈形成術も行なっています。
また、房室ブロック、同不全症候群、徐脈性心房細動等の心疾患のある患者さんに対してペースメーカー移植術や、電池消耗によるペースメーカー交換術も行なっています。
平成29年度より、心房細動の患者さんに対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)を開始しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿)
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
脳疾患等の後遺症で嚥下障害がある患者さんに対する胃瘻造設術が最も多く、他の診療科との連携をとりながら治療に取り組んでいます。
主に脳神経外科や整形外科と連携を取りながら保存的治療を中心に行なっているので、すべてにおいて10件未満になっており、数値を掲載していません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.38%
異なる
医療の質向上を図る為、臨床上ゼロとはなりえないが、少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。
同一区分とは、入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かということです。
手術・処置等の合併症以外は10件未満であるため、数値を掲載していません。
手術・処置等の合併症についても少しでも改善できるよう日々の治療を行なっています。
更新履歴
平成30年9月25日
平成29年度病院指標公開
平成29年9月27日
平成28年度病院指標公開
平成28年9月26日
平成27年度病院指標公開