医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

活動履歴

2011年

日付カテゴリ内容詳細
2011年10月10日 地域連携

[「第2回 新都市地域救急フォーラム」を開催]

10月8日(土)アートフォーラムあざみ野にて、横浜・川崎をはじめ近隣の救急隊員を対象に、第二回新都市地域救急フォーラムを開催し、総勢42名が参加いたしました。
第一部は「脳卒中患者の受入れに対する当院の取り組み」と題し、当院院長 森本 将史が講演を行いました。第二部では「救急患者受入れの連携強化を目指して」と題し、当院の医師・看護部・事務から代表者を集め、救急隊員と様々な課題についてディスカッションを行いました。今回のフォーラムを通じて、救急車受け入れ幅をこれまで以上に増やせるよう、院内連携を強化すると共に、救急隊の皆様へさらなる協力を依頼しました。またホットラインにおける伝達のズレが生じないよう状況に応じて医師や看護師と直接情報交換や相談ができるよう努力していくことなどの改善案が挙げられ、今後の救急業務に活かされるよう早急に検討していく予定です。参加された救急隊員の皆様からは、「病院スタッフと意見交換ができ、お互いの立場を理解し合えて連携強化に繋がった」等の感想をいただき、今後も定期的に開催し、救急隊との連携を深めていきたいと思います。

2011年5月23日 地域連携

[「第1回 新都市地域救急フォーラム」を開催]

平成23年5月21日(土)、近隣の横浜市・川崎市・大和市の救急隊との更なる連携構築に向けて「アートフォーラムあざみ野」にて救急フォーラムを開催いたしました。
横浜市・川崎市・大和市の消防局より計48名の救急隊の方に、ご多忙な救急業務にもかかわらずご参加いただきました。
第1部では、当院脳神経外科部長 尾_ 聡より、TPA治療経過報告等、救急搬送患者の具体的な症例を発表いたしました。
第2部では、院長 森本 将史が座長を務め、「救急体制確立についての今後の課題」をテーマにシンポジウムが行われました。シンポジストとして、お忙しい中、6名の方々にご参加いただき、当院医局員と、対象患者や連絡方法についてのご要望など、大変白熱した意見交換を行うことができました。今後も定期的に開催し、救急隊と更なる連携を深めていきたいと思います。
(シンポジストご紹介)
・昭和大学藤が丘病院 脳神経外科准教授 泉山 仁 先生
・昭和大学藤が丘病院 脳神経内科准教授 市川 博雄 先生
・昭和大学横浜市北部病院 脳神経外科准教授 池田 尚人 先生
・横浜市消防局 青葉消防署 消防司令 中山 哲司 氏
・川崎市消防局 宮前消防署 消防司令 渓口 真一朗 氏
・川崎市消防局 麻生消防署 消防司令補 金規 大輔 氏