医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

活動履歴

イベント

日付カテゴリ内容詳細
2020年2月26日 イベント

[脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による外部講演「脳卒中の最新治療と予防について~あなたと家族を脳卒中から守るために~」をユートピア青葉にて開催しました!]

2月26日、当院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による外部講演がユートピア青葉で開催された。講座のテーマは「脳卒中の最新治療と予防について~あなたと家族を脳卒中から守るために~」である。講義では、脳卒中は血管が詰まって起こるものと、破れて出血して起こるものがあることをそれぞれ分かりやすく説明し、治療に入るまでの時間が予後に大きく関わるためとても重要なこと、日常生活においてできる脳卒中の予防方法を伝えた。参加者の方からは「脳卒中といっても色々な種類があることが分かった。」「日常生活からしっかり予防していきたい。お話を聞けて良かった。」とのお声をいただいた。今後も今まで以上に、より一層広報活動に励んでいきたい。

2020年2月18日 イベント

[管理栄養士による外部講演「健康寿命を延ばす食事のポイント」をロングライフクイーンズ宮崎台にて行いました!]

2月18日、当院の管理栄養士による外部講演がロングライフクイーンズ宮崎台で開催された。講座のテーマは「健康寿命を延ばす食事のポイント」である。講義では、主食・主菜・副菜の選び方や食事に上手く取り入れる方法についてや、糖質・脂質の違いについて分かりやすく説明し、普段の食事を整えることが健康寿命を延ばすことに繋がることを伝えた。また、簡単に手に入る野菜をたくさん使った減塩レシピの一覧も配布し、参加者の方からは「早速実践してみようと思います」とのお声をいただいた。今後も今まで以上に、より一層広報活動に励んでいきたい。

2020年1月15日 イベント

[作業療法士による院内講座「運動や脳トレを通じて高次脳機能障害(注意機能)について知ろう」を開催しました!]

昨年度好評であったしんとし健康セミナーを今年も継続し開催している。1月15日(水)は作業療法士の 佐々木さん、浅川さん による「運動や脳トレを通じて高次脳機能障害(注意機能)について知ろう」の講義を行った。講義では、脳の働きや注意機能の基礎について説明し、予防法としては簡単な運動や脳トレを紹介し実践も行った。特に脳トレの問題に挑戦した参加者からは「問題を解くのが楽しかった」「自分で脳トレドリルを買って、継続していきたい」などのお声をいただきとても好評だった。20名を超える多くの方に参加していただき、質疑応答の時間も質問が多く飛び交い盛り上がりを見せていた。しんとし健康セミナーは毎月第3水曜日に開催していくので、今後も一層広報活動に励みたい。

2019年12月18日 イベント

[感染管理認定看護師による院内講座「冬場に気を付けたい感染症と予防」を開催しました!]

昨年度好評であったしんとし健康セミナーを今年も継続し開催している。12月18日(水)は感染管理認定看護師の 三田村 裕子 さんによる「冬場に気を付けたい感染症と予防」の講義を行った。講義では風邪とインフルエンザの違い、予防については、マスクの正しい着用方法や手洗いうがいの仕方など、動画を交えながら分かりやすく説明した。実際にマスクを着用したり手洗いを実践する場面もあり、参加者からは「風邪とインフルエンザの違いがよく分かった」「手洗い動画が印象に残った、早速実践したい」とのお声をいただいた。風邪やインフルエンザはこの時期、特に流行することもあり関心を持っている参加者の方も多く、質問も多く飛び交い盛り上がっていた。しんとし健康セミナーは毎月第3水曜日に開催していくので、今後も一層広報活動に励みたい。

2019年12月16日 イベント

[12月 外部講演を開催しました!]

12月16日、当院の医事課スタッフによる外部講演が荏田地域ケアプラザで開催された。講座のテーマは「知らなきゃ損!医療費のしくみ」である。講義では、患者さんが外来受診、入院をしてから帰宅、退院されるまでの流れと共に、発生する医療費について詳しく説明した。主な内容として、選定療養費や明細書の見方、入院費の計算の仕方などについてクイズも交えながら説明し、質問も多く飛び交い大変盛り上がっていた。参加者の方からは「分かりやすく、とても為になった」とのお声を頂けた。今後も今まで以上に、より一層広報活動に励んでいきたい。

2019年12月9日 イベント

[12月 院長院内講座を開催しました!]

当院院長 森本将史による院内公開講座を今年度も継続して開催している。講座のテーマは「頭痛・めまい・頭の症状は自律神経が9割 ~身体の自律神経から整えるアンチエイジング~」である。現代を生きる人々には避けられないデスクワークやスマホの使用、不規則な生活や運動不足といった生活習慣は、頭痛やめまいを発症させ、自律神経の乱れを引き起こす。講義では、自立神経の乱れを調整する方法を、院長の実体験を用いてお話しした。本講座の内容は、年齢問わず為になる内容である。参加者の中には「子供に伝えたい」とおっしゃっている方もいた。次回は幅広い年齢層の方に来場してもらえるよう、今まで以上に、より一層広報活動に励んでいきたい。

2019年11月26日 イベント

[11月 医療公開講座を開催しました!]

11月26日(火)、山内地区センターにて当院院長 森本将史による医療講座を開催した。テーマは「50代以降は知っておきたい 脳卒中の最新知識 ~脳卒中予防・再発予防~ 」である。脳血管疾患は要介護認定理由の1位で、発症すると手足の後遺症が残る。また、再発することも多い。講義では脳卒中とは何か、その予防方法や再発防止方法について具体例や動画を用いて解説した。参加者の年齢層は幅広く、10代の参加者もいたことが印象的だった。病気に対して関心を持ち、自ら学ぶ姿勢をもつことは、老若男女問わず健康な生活を送るために非常に重要である。今度も地域の健康意識を高めるため、積極的に広報活動を行っていく。

2019年11月22日 イベント

[11月 出張講演を行ないました!]

毎月第三金曜日は当院の理学療法士が講師となって運動教室を行っているが、今月は第四金曜日にも開催した。テーマは「老化に負けるな!転倒予防」。場所は中川西地区センターにて出張講演を行った。転倒予防の講義、転倒リスク評価、転倒予防体操と中身の充実した講演となった。参加者からは「運動を理論的に説明されて理解しやすく、楽しく拝聴いたしました」「実技はとても分かりやすく、ゆっくりすすめていただき良かった」との声をいただいた。自分の身体にどれほど転倒リスクがあるか調べる機会はなかなか無い。自分の健康の為、また家族の健康の為に、身体を知ること、身体を動かすこと、身体を鍛えることの大切さを今後もより一層広めていくため、引き続き広報活動を行っていく。

2019年11月20日 イベント

[11月 しんとし健康セミナーを開催しました!]

昨年度好評であったしんとし健康セミナーを今年も継続し開催している。11月20日(水)は言語聴覚士の 渡邊 健太 さんによる「いつまでも元気に口から食べる ~嚥下のお話~」の講義を行った。講義では食べることのメカニズム、摂食嚥下障害の原因とその影響、嚥下障害の評価、嚥下障害の対策と予防等のお話があった。参加者からは「嚥下のメカニズムが想像以上に複雑で繊細だと知りました」「嚥下体操を知れて良かった」とのお声をいただいた。参加者は嚥下に対して非常に関心が高く、質疑応答の時間は質問が絶えなかった。食べる楽しみを喪失しないためにも嚥下に関して学ぶこと、嚥下障害の対策を行うことは重要である。しんとし健康セミナーは毎月第3水曜日に開催していくので、今後も一層広報活動に励みたい。

2019年11月18日 イベント

[11月 糖尿病教室を開催しました!]

昨年度好評であった糖尿病教室を、今年度も年に4回開催している。糖尿病内科 古屋 圭介先生による糖尿病についての講義では、糖尿病とは何か、糖尿病はどのように診断さされるのか、糖尿病が起こるメカニズム等、糖尿病に関するお話を様々な角度から解説した。来場された方からは「今後は自己診断チェックをして気を付けようと思います」「わかりやすい資料でした」等のお声をいただいた。次回の糖尿病教室は、糖尿病内科 古屋先生だけではなく、栄養科の方による食事の管理についての講義も行う。専門医による講義を無料で受けられる貴重な機会を一人でも多くの方に知ってもらうため、これからもより一層広報活動を行い、地域貢献していこうと思う。

2019年11月15日 イベント

[11月 運動教室を開催しました!]

毎月第三金曜日、当院では理学療法士を講師とした運動教室を行っている。講義の内容は毎回変わり、いずれも日常生活に活かせる内容となっている。今回のテーマは『楽しく脳活!防ごう認知症!』である。認知症についての講義、新都市ストレッチ体操、そして認知症予防に繋がる脳と身体の運動を行った。参加者からは「頭も体も気持ちよかったです」との声をいただいき、大変好評だった。脳に最も良い運動方法は、脳にある程度の心地よい負荷をかけること、そして第三者との会話や誰かと共同して行うことが大切となる。理学療法士と参加者一同との交流を通して楽しく身体を動かす有意義な時間を、今後もより一層広めていくため、広報活動を積極的に行っていく。

2019年11月1日 イベント

[11月 外部講演を行ないました!]

11月1日(金)、当院の理学療法士と検査技師による「これって認知症?」をテーマとした外部講演を荏田宿自治会館にて開催した。講義内容の一つ目は、理学療法士による認知症を予防するための歩き方に関する講義と運動である。二つ目は、検査技師による匂いの検査と頸動脈エコーの検査を一人ずつ行った。参加者からは「とても丁寧な説明と検査だったので満足でした」「運動は脳に良かったと思います」とのお声をいただいき大変好評だった。今後も様々な内容を企画して積極的に外部講演を行っていきたいと思う。

2019年10月20日 イベント

[10月 運動教室を開催しました!]

当院では毎月第三金曜日に理学療法士を講師とした運動教室を行っている。テーマは毎回変わり、いずれも日常生活に活かせる内容となっている。今回のテーマは『さよなら尿漏れ!冷える前に対策しよう!~尿漏れ予防体操~』である。当院の理学療法士が尿漏れに関する講義、尿漏れを予防するための体操を行った。体操の内容は場所を問わず1人で行うことができ、継続性の高いものであった。参加者からは「楽しかった」「体操を続ける努力をしたいと思います」「尿漏れが時々あるので、参考になった」との声をいただいき、大変好評だった。講義と体操が一度に楽しめる貴重な時間を、今後もたくさんの方々と共有していくため、より一層広報活動を行う。

2019年10月20日 イベント

[10月 市民公開講座を開催しました!]

当院では年2回、市民の方へ向けこのイベントを開催している。当日は600名と過去最高の参加人数となり、盛り上がりをみせていた。講演は3部構成で行い、第1部では脳神経外科医で当院院長の森本が「心臓が原因の脳梗塞に対する最先端の予防と治療」について紹介し、第2部では、理学療法士の森村が「ロコモ体操」について実際に簡単な運動も交えて講演し、運動の大切さを伝えた。第3部では、循環器内科医 津田が「放っておくと怖い“不整脈”~心房細動を知ろう~」について講演した。アンケートでは「予防の方法が良く分かった」「体を動かすことの大切さを改めて感じた」「大変勉強になった。」との声が多く聞けた。また、次回の市民公開講座に対する、ご要望やご意見も多くあり、アンケート結果を踏まえて次回に向けてより良いものにしていきたい。

2019年10月8日 イベント

[10月 院長院内講座開催しました!]

当院院長 森本将史による院内公開講座を今年度も開催する。この講座のテーマは「頭痛・めまい・頭の症状は自律神経が9割 ~身体の自律神経から整えるアンチエイジング~」である。スマホの普及や、デスクワーク、高齢化社会等による現代人病は、頭痛、めまいを発症させ、自律神経の乱れを引き起こす。一体どのようにして自律神経を調整すれば良いのだろうか。本講義にて紹介された内容は老若男女問わず、大変有意義な講座であった。次回も多くの参加者に来場してもらえるよう、より一層広報活動に励んでいきたい。

2018年12月27日 イベント

[12月 運動教室を開催しました!]

院内イベントの新しい企画として今年7月より運動教室を開催している。理学療法士を講師に日常生活にすぐ取り入れられる運動を毎回テーマを変えて行っていく。今回は『良い姿勢でウォーキングしていますか?~効果的に脂肪燃焼~』をテーマに歩くときの姿勢のチェックやウォーキングの際に重要な筋肉の鍛え方など実際に指導をしながら行った。参加者全員参加の講義は大変盛り上がり「一人で歩くよりすごく楽しい」「実際に歩きながらの指導は役に立つ」とうれしいお言葉を頂いた。これからも地域の方々の啓蒙活動により励んでいきたい。

2018年12月27日 イベント

[12月 しんとし健康セミナーを開催しました!]

当セミナーは毎月2回開催している。12月12日(水)は「知っているようで知らない?食中毒について」をテーマに、管理栄養士が冬場に多くなるノロウイルスや食中毒の対策を調理の際に気を付ける注意点、食中毒にまつわる楽しいクイズを交えて楽しく講義した。12月19日(水)は「ニオイの検査で認知症を早期に発見」をテーマに、検査科が認知症になると嗅覚がなぜ衰えてしまうかの説明、簡易的に出来る嗅覚の検査を実演しながら楽しく講義した。
参加者からは質疑応答が盛んに上げられ、「とても分かりやすく、楽しい講義でした」とうれしいお言葉も頂いた。今後も日頃の健康に役に立つ情報を発信していくセミナーを開催する。

2017年11月21日 イベント

[11/13 院内医療公開講座 開催]

昨年度から継続して行っている、当院院長 森本将史医師による院内医療公開講座を開催しました。

この講座は「頭痛・めまい・頭の症状は自律神経が9割~自律神経を整えるコツを教えます~」というテーマで隔月定期的に行っています。脳外科の外来患者のうち9割以上が脳に異常がなく、ストレスや疲労からくる自律神経関連の症状であることが多く、自分自身で行う「アクティブケア」により症状が緩和することができるという内容を演説しました。体の内部から自律神経を整える運動や呼吸法、正しい姿勢のとり方のコツなどをわかりやすく説明しました。参加者は1時間の講義を熱心に聞き入り、質疑応答も盛んにおこなわれました。これからも地域市民のためになる情報を積極的に発信していきたいと考えております。

2017年11月21日 イベント

[11/8、11/15 しんとし健康セミナー開催!]

11月8日(水)は「生活を楽にする福祉用具を知ろう」をテーマに、作業療法士が実際に福祉用具を紹介し、使用対象者の方の説明や福祉用具の使い方、使用上の注意点を紹介しました。11月15日(水)は「介護保険の使い方を知ろう」をテーマに、医療ソーシャルワーカーが介護保険制度の説明や介護保険を使う際にどこに相談したらよいのかまたどこで発行してもらえるのかなど受講者の様々な疑問に対し講義を行いました。

受講者は初めて見る福祉用具に興味深々であり、実際に使ってみたり家族の為に購入を検討したりと大変有意義な時間になったかと思います。今回のように普段から抱えている小さな疑問に答えていき、日々の生活に役立てられるセミナーを今後も行っていきたいと考えております。

今後の当セミナーの詳細は「イベントのご案内」よりご確認ください。

2017年11月14日 イベント

[11/6 糖尿病教室 開催しました!]

糖尿病の病態や治療方法を正しく理解し、自己管理が継続できるよう支援することを目的として、糖尿病患者及びご家族などを対象に糖尿病教室を開催致しました。

今回は理学療法士が「糖尿病患者における運動療法」、管理栄養士が「糖尿病の食事療法」についてそれぞれ講義を行いました。実際に体操やストレッチを行い体への負担のかかり方を体感したり、お餅やおせち料理を食べる際に血糖値を上げにくくする食べ方や調理の仕方を講義しました。

参加者からは盛んに質疑応答があり、ご自身の健康に対する意識の高さがうかがえる大変有意義な時間であったと思います。

今後の当セミナーの詳細は「イベントのご案内」よりご確認ください。

 

2017年10月26日 イベント

[10/21 第12回市民公開講座を開催しました!]

横浜市歴史博物館

当日はあいにくの雨だったにもかかわらず、165名の方に参加いただきました。講演は2部構成で行い、「未来を変える健康科学~自分の健康を自分で守るために知るべきこと~」をメインテーマに、脳神経外科医で院長の森本将史と認知症診断センター部長の眞鍋雄太がそれぞれ講師を務めました。また、講演後は脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による「脳卒中リスク診断相談窓口」と薬剤部による「お薬相談窓口」を設け、こちらにも多くの方に参加いただけました。アンケートでは「日常生活の在り方を勉強できて非常に良かった。」「様々に生じる不安が大分軽減されました。」「参加して良かった。」などの声がありました。次回は2018年4月に開催予定です。

 

2017年10月10日 イベント

[10/2 糖尿病教室 開催しました!]

糖尿病の病態や治療方法を正しく理解し、自己管理が継続できるよう支援することを目的として、糖尿病患者及びご家族などを対象に糖尿病教室を開催致しました。薬剤師が「糖尿病とくすりのはなし」、臨床検査技師が「合併症予防の第1歩」、管理栄養士が「糖尿病の食事療法」についてそれぞれ講義を行いました。今回の講演では、実際に参加者の血糖値を測定したり、血糖値をコントロールする方法や血糖値が上がりやすい食品の食べ方の工夫をわかりやすく講演しました。また、薬剤師からは糖尿病患者の災害対策について薬の備えも説明しました。講義時間を過ぎても質問が絶えず、とても有意義なセミナーになったかと思います。

今後の当セミナーの詳細は「イベントのご案内」よりご確認ください。