医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

その他の脳疾患について

脳腫瘍

脳血管内治療は、「カテーテル」と呼ばれる直径0.5-3mmの細い管を患者さんの足の付け根や肘から血管に挿入した後、大動脈を経由して頚部や脳の血管に誘導し、薬剤や後述する「コイル」や「ステント」などを用いて治療を行います。皮膚や頭蓋骨を切らないため、身体への負担が少ないのが「脳血管内治療」の最大の利点です。

日本脳神経血管内治療学会では、脳神経血管内治療の進歩とその治療水準の向上をはかるため、認定専門医制度を導入しています。当院には学会認定指導医・専門医が常時在籍し、脳動脈瘤、頸動脈狭窄、脳動静脈奇形、脳腫瘍、急性脳動脈閉塞および脳動脈狭窄などの疾患に対する脳血管内治療に積極的に取り組んでいます。血管内治療についてのご相談は外来でも対応しておりますので、気軽に声をお掛けください。

院長 森本将史が紹介されました。
脳血管内治療の詳しい説明をしています。

脳卒中の予防・早期発見に定期的な脳ドック受診をおすすめします。