医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

脳卒中の予防について

横浜新都市脳神経外科病院では、脳疾患の治療法として、頭蓋骨を切り開く「開頭手術」とともに、近年飛躍的に発展してきた体にメスを入れず血管の中から治療する「脳血管内治療」も積極的に行っていく体制が整っております。

脳動脈瘤

脳の中の比較的太い血管に出来たコブで、ほとんどの場合、無症状ですが、破裂すると頭蓋内で出血してクモ膜下出血になります。クモ膜下出血は脳卒中(脳血管障害)の中でも最も予後が悪い病気と言われており、発症すると、死亡例が約3割、後遺症の残る例が約4割、元気に回復する方は約3割と言われています。

どんな症状が出るの?

突然の激しい頭痛、嘔吐が一番典型的な症状です。これらは、出血によって頭蓋内圧が亢進することによる症状です。出血の量によって、頭痛を主訴に外来に来られる人もいれば、突然倒れてそのまま意識障害で救急搬送される人もおり、出血の量によって、症状はさまざまです。

脳出血

どんな治療があるの?

大きく分けて、①開頭手術による「開頭クリッピング手術」と②カテーテルを用いて行う「血管内コイル塞栓術」があります。

①の「開頭クリッピング手術」は、開頭後、脳の隙間を分け入って脳底部の動脈瘤に到達し、動脈瘤の根元(ネック)を金属クリップで挟んで、動脈瘤内に入る血流を遮断する方法です(図1)。

②の「血管内コイル塞栓術」は、足の付け根から血管の中にカテーテル(柔らかく細い管)を挿入して頭の動脈瘤にまで誘導し、血管の中から動脈瘤内にコイルを詰めて血液を固めることで破れないようにする方法で(図2)近年増加傾向にあります。このコイル塞栓術は、脳に全く触れずに行える侵襲の少ない治療になりますので、高齢化社会にも適していると言えます。ただ、症例によっては、動脈硬化が強く、カテーテルが動脈瘤まで到達出来なかったり、コイルが動脈瘤内から逸脱してしまうこともあるため、症例に応じて、開頭クリッピング術か?コイル塞栓術か?、安全に施行できる方法を選択しながら行うのが一番安全であると考えます。

当院では、同一チームで、両方の治療を行っており、それぞれの治療法の長所と短所を考慮したうえで、症例に応じて「シンプルに、安全に」をモットーに、十分に患者さんに説明し、相談の結果、脳動脈瘤の治療法を選択しております。

(図1)開頭クリッピング術

(図1)開頭クリッピング術

(図2)血管内コイル塞栓術

(図2)血管内コイル塞栓術

未破裂脳動脈瘤が見つかった患者さまへ

脳ドッグや検査で偶然に見つかった未破裂脳動脈瘤の場合、必ずしもすぐに手術が必要なわけではありません。ほとんどが無症状ですし、通常の脳動脈瘤が破裂する確率は1年間に約0.5-2%程度と報告されていますので、大きさや形状や部位によっては、経過観察が妥当と判断される場合もあります。ただ、破裂してクモ膜下出血になると、その約1/3の方は死亡、約1/3の方は後遺症を生じ、残りの約1/3の方しか社会復帰できない怖い疾患です。

もし治療が妥当と判断した場合は、「開頭クリッピング術」か「血管内コイル塞栓術」か、より安全に出来ると判断した治療法を選択して、それぞれの治療法の内容とリスクを十分に説明したうえで、クモ膜下出血予防目的で治療にあたるようにしています。

動脈瘤治療の実績については、下の表にあるとおり、豊富な症例経験がありますので、未破裂脳動脈瘤が見つかって、不安のある方、ご相談希望の方は、まず、脳動脈瘤に関する説明を読んで頂き、心配や不安な点があるようであれば、当院の初診外来を受診頂くか、メールにて気軽にご相談ください。

頸動脈狭窄

近年、食生活の欧米化、検査機器技術の向上により、脳梗塞の原因として頸動脈狭窄が非常に注目されています。脳梗塞によって症状が出現する場合だけでなく、一過性の症状(運動障害、言語障害、視野障害など)や症状がない場合でも、頚動脈が高度狭窄になっていて、将来的に脳梗塞を起こす危険性がある場合もあります。

どんな治療があるの?

高度頚動脈狭窄に対する治療法は、①血液をさらさらにする薬(抗血小板剤)による内科的治療、②メスを入れて血管を切開し病変を摘出する頸動脈内膜剥離術に加えて、最近では③頸動脈ステント留置術が注目されています。
③の頸動脈ステント留置術は、血管造影検査と同様に、足の付け根からカテーテルを挿入して行うため、通常は全身麻酔も不要で手技時間も40分程で終了します。したがって高齢者、合併症により全身麻酔が難しい患者さまなどでも手技が可能であり、入院期間も数日と短く済みます。わが国でも2008年4月から保険適応治療となったことから今後さらにステント治療の適応症例は増えるとみられています。

もやもや病

もやもや病は、日本で発見された原因不明の脳の病気です。厚生労働省により、難病に指定されています。以前は「ウィリス動脈輪閉塞症」という名称で呼ばれていましたが、現在は「もやもや病」が正式な疾患名です。
人間の頭の中には、大脳の大部分に血液を送る左右の内頸動脈と、小脳・脳幹・大脳の後方部に血液を送る左右の脳底動脈の4本の太い血管があり、この4本の血管が脳に栄養を送っています。これらの血管は、脳の底部で繋がり、互いに輪を作っています(これをウィリス動脈輪と呼びます)。

もやもや病は、このウィリス動脈輪が閉塞していく病気です。ウィリス動脈輪が閉塞すると、脳の血流が悪くなります(脳虚血)。すると不足した血液を補おうとして、脳の底部にある毛細血管が発達し、本来は存在しないはずの血管網を作ります。脳の血管撮影を行った時、この血管網がもやもやと立ちのぼる煙のように見えるため「もやもや病」という名前で呼ばれています。

どんな症状が出るの?

代表的なのは虚血型と出血型の2種類です。この他、自覚症状を伴わないケースも増加しています。

虚血型

脳の血の巡りが悪くなって起こります(脳虚血発作)。典型的な症状としては、脱力発作(身体に力が入らなくなる)、片麻痺、不随意運動(自分の意思と関係なく身体が動く)、けいれんが挙げられます。
これらの症状は特に子供に多くみられ、熱いものを冷まそうとフーフーする・管楽器を吹く・激しく泣くなど、大きな息を短時間に繰り返したときに生じます(過呼吸)。症状が数分でおさまる一過性脳虚血発作と、症状が残る脳梗塞とがあります。

出血型

もやもや病で異常発達した血管網はとても脆弱なので、脳出血を起こしやすいです。クモ膜下出血などを起こす場合もあります。自覚症状としては、突然の頭痛・意識障害・片麻痺などが挙げられ、出血の量によって症状はさまざまです。

どんな治療があるの?

頭痛や軽いけいれんなどがみられる場合および出血の急性期では、薬による治療を行います。血圧や脳圧を調整するための薬が処方されます。 脳虚血発作に対しては、手術による治療を行うことが多いです。手術には①直接血行再建術と②間接血行再建術の2種類と、その両方を行う複合血行再建術があります。

直接血行再建術

血のめぐりが悪い頭蓋内血管と、十分に血が巡っている頭蓋外血管を直接縫い合わせます(バイパスする)。成人の場合、関節血行再建術では効果があまり見られないため、こちらの手術を実施します。

間接血行再建術

十分に血が巡っている頭蓋外の組織を血の巡りが悪い脳の表面と接触させ、新しい血管が自然に生えるのを待つ方法です。主に小児に対して行われます。新たな血管のネットワークができるまで、数週間から数ヶ月を要します。手術によって血行を回復させることができれば、もやもや病は1年前後で軽快します。しかし、脳梗塞や脳出血については、症状の進行を防ぐことはできても、起こってしまった症状を改善させることはできません。

院長 森本将史が紹介されました。
脳血管内治療の詳しい説明をしています。

脳卒中の予防・早期発見に定期的な脳ドック受診をおすすめします。