医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

認知症診断センター「物忘れ外来」

当科では、認知症診断センター部長眞鍋雄太医師(レビー小体型認知症の神経病理学、画像診断学、臨床研究)を筆頭に、認知症疾患医療の最前線に立つ経験豊富な計3名の日本認知症学会専門医、中野正剛医師(認知症性疾患の画像診断学、VSRAD開発担当者)、藤城弘樹医師(睡眠医学、レビー小体型認知症診断基準策定メンバー)で外来診療にあたっています。また、神経心理学的検査に関しては、MMSE、長谷川式簡易知能検査、MOCA-Jを標準検査項目とし、専門的な認知機能評価を行っています。

認知症の診断は初期ほど難しく、年齢相応の物忘れと見分けがつけにくいため、専門的な知識と診察技術、高度な検査機器と熟練した読影技術を要します。当科では、一般臨床医では診断困難な早期の認知症性疾患(健忘型軽度認知障害)の診断も行っています。
認知症には、アルツハイマー病、レビー小体病、脳血管障害など様々な原因疾患が存在します。当科では、パーキンソン病およびレビー小体型認知症といったレビー小体病の分野ではより精緻な診断と高度な治療を提供しております。7月より嗅覚機能検査も新たに始まり、更に高水準かつ精緻な診断が可能になりました。

日本認知症学会教育施設の認定を受けています

日本認知症学会教育施設の
認定を受けています。

よくある「認知症」の初期症状

  • 日付がわからない
  • 約束を思い出せない
  • 物を置き忘れたり、しまいこんだままどこにしまったのか忘れてしまう

こうした症状は、自分で気付くこともあれば家族が気付くこともあります。気になる“物忘れ”が少しでもあれば、積極的に専門医に受診することをお勧めします。“物忘れ、年だからしょうがない”ではすまさない、健康への高い意識こそ認知症予防の第一歩です。

よくある「認知症」の初期症状

治療の流れ

1回目
(初診)

診察・各種検査 (問診・一般身体および神経学的診察・簡易認知機能検査・頭部CT検査)

この段階で患者様の訴える“物忘れ”が病的なものか、加齢に伴う生理的なものなのかをふるい分けます。診察の結果を踏まえ、血液検査と必要な画像検査(主に脳MRIと脳核医学検査SPECT-CT)、詳細な認知機能検査、検査結果説明のための再診日の予約をしていただきます。

2回目
(再診)

診察・結果ご説明

検査結果・病気の説明、治療法、リハビリテーション、介護保険の申請などの説明が約1時間かけて行われます。また、正確な診断が良好な治療につながることから、追加の検査を予定することもあります。

診断確定

お薬が処方されます。他のお薬と同様、抗認知症薬にも副作用がありますので、副作用チェックのため、再診から2週間後に再度受診をしていただきます。副作用等がなければ、基本的に1ヵ月に1回の頻度で外来通院となります。ただし、幻覚や妄想、暴力、拒否といった認知症周辺症状が著しい患者様に関しては、お薬の調整や症状の変化の把握といった観点からこの限りではありません。

経過
観察

定期検査

治療開始3ヵ月後に認知機能検査、6ヵ月後には認知機能の状態を再チェックします。更に1年後には認知機能検査、脳MRI検査、(SPECT-CT検査※)を行い、病状の総合的な再評価を行います。以後、基本的に1年に1回、これらの検査を行いながら病態評価をしていくこととなります。当院物忘れ外来では、日本認知症学会専門医、日本老年精神学会専門医による正確な診断、根拠に基づいた論理的な治療、十分な経過観察と再評価を行いながら患者様の健康のサポートを行ってまいります。
※保険医療の都合上、必ず検査を行う項目ではありません

医師紹介

日本認知症学会専門医4名体制で外来診療を行なっています。

眞鍋 雄太
認知症診断センター部長
眞鍋 雄太
専門

レビー小体病、認知症性疾患、内科一般

学会・専門医等

医学博士
日本認知症学会専門医
日本認知症学会指導医
日本旅行医学会認定医
レビー小体型認知症サポートネットワーク東京顧問

略歴

平成13年 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成19年 藤田保健衛生大学院内科系医学研究科博士課程卒業
平成19年 藤田保健衛生大学病院一般内科
平成21年 都立松沢病院内科
平成21年 東京都精神医学研究所神経病部門へ国内留学
平成23年 藤田保健衛生大学病院総合診療内科講師
平成24年 藤田保健衛生大学病院総合診療内科客員講師
平成25年 横浜新都市脳神経外科病院入職 認知症診断センター部長就任
平成25年 藤田保健衛生大学救急総合内科客員准教授
平成29年 藤田保健衛生大学救急総合内科客員教授

藤城 弘樹
藤城 弘樹
内科医師
専門

認知症性疾患、レビー小体病

学会・専門医等

医学博士
日本老年精神医学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本精神神経学会専門医・指導医
精神保健指定医
日本認知症学会専門医

略歴

平成12年 愛媛大学医学部卒業
平成18年 名古屋大学大学院医学系研究科博士課程卒業
平成18年 メイヨ―クリニック・神経病理部門へリサーチフェローとして留学
平成21年 順天堂東京江東高齢者医療センターPET/CT認知症研究センター准教授
平成26年 名古屋大学大学院医学系研究科睡眠医学講座 講師
平成26年 横浜新都市脳神経外科病院非常勤医として入職

中野 正剛
内科医師
専門

老年病学 ※特に認知症疾患
核医学 ※中枢神経系の核医学

学会・専門医等

日本内科学会認定内科医
日本核医学会専門医
日本老年医学会専門医
日本老年精神医学会専門医
日本認知症学会専門医
日本核医学会PET専門医
日本老年精神医学会評議員

略歴

平成4年 東京医科大学卒業
平成4年 東京医科大学病院 老年科 入局
平成7年 国立精神・神経センター武蔵病院 放射線科レジデント
平成9年 立川メディカルセンター悠遊健康村病院 内科
平成10年 東京医科大学病院老年科臨床研究医
平成10年 国立精神・神経センター武蔵病院 精神科
平成11年 国立精神・神経センター武蔵病院 もの忘れ外来
平成19年 医療法人豊栄会 豊栄クリニック 院長就任
平成20年 医療法人相生会 医師
平成20年 東邦大学佐倉病院特任准教授
平成22年 医療法人相生会 認知症センターセンター長
平成23年 東邦大学医学部客員教授
平成29年 横浜新都市脳神経外科病院 非常勤医として入職

外来担当医表