医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

メモリー(高次認知機能)ドック

眞鍋 雄太

先制医療的介入で
認知症疾患の発病予防に努めましょう!
日本認知症学会専門医が
あなたの健康寿命をサポートします。

認知症診断センター部長 眞鍋 雄太

誰もが発症する可能性のある認知症!

物忘れ、置き忘れ、約束忘れなどの症状は、認知症の初発の可能性があります。現在日常生活や社会生活に特に支障がない方であっても、早期発見・早期治療により治る場合もあります。
(日本認知症学会専門医である眞鍋雄太医師(藤田保健衛生大学救急総合内科客員准教授)を順天堂高齢者医療センターより迎え、開設しました。当院独自の認知症に特化した検査内容のドックです。)

検査内容について

SPECT

脳の血液の流れや低下している部分がないかを調べ、虚血性脳血管障害や認知症をいち早く知ることが出来ます。主に「アルツハイマー型認知症」の発見に役立ちます。

SPECT

頭部(海馬)MRI

物事を記憶する仕組みに重要な役割を持つ海馬の萎縮がないかを見る検査です。
「アルツハイマー型認知症」では初期段階で海馬の萎縮が認められています。

頭部(海馬)MRI
頭部(海馬)MRI

認知機能検査

認知機能や記憶力を簡便に測定し、
大脳の各部位の機能を標準化されたテストを組み合わせて評価します。

認知機能検査

その他検査

血液検査で、臓器疾患や代謝異常を確認し、
認知機能の低下が脳以外の病変にあるかどうかを調べます。

結果について