医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

メニュー

SCUでの治療実績

1. SCU入院患者数の推移(SCU病棟統計)

SCU入室患者数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
男性 399人 453人 465人 470人 593人 561人
女性 307人 367人 434人 381人 485人 467人
合計 706人 820人 899人 851人 1,028人 1,078人

SCU疾患別

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
脳梗塞 492人 593人 625人 594人 819人 802人
脳出血 137人 160人 189人 175人 119人 187人
クモ膜下出血 48人 50人 56人 52人 90人 89人
その他 29人 17人 29人 30人
合計 706人 820人 899人 851人 1,028人 1,078人

SCU対象患者手術件数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
穿頭脳室ドレナージ術 17件 16件 25件 27件 22件 18件
減圧開頭術 8件 2件 4件 6件 8件 4件
頭蓋内血腫除去術 22件 45件 46件 34件 29件 20件
脳動脈瘤クリッピング 15件 23件 27件 15件 12件 5件
脳血管内手術 30件 18件 24件 30件 16件 25件
経皮的脳血管形成術 8件 12件 14件 11件 5件 7件
選択的脳血栓・塞栓溶解術 11件 5件 0件 0件 0件 0件
経皮的脳血栓回収術   16件 43件 50件 54件 75件
経皮的頸動脈ステント留置術 12件 18件 17件 15件 1件 0件
その他 1件 1件 2件 4件 0件 0件
合計 122件 156件 202件 192件 147件 154件

2. t-PAの使用状況

t-PA(アルテプラーゼ)とは、体の中にある血栓を溶かす物質の働きを強める薬です。これまでの脳梗塞の薬物治療では、血栓を溶かすのではなく、梗塞が広がるのを防ぐ薬しかありませんでした。しかし、t-PAは脳梗塞の原因となる血栓を溶かし、脳血流を早期に再開させる薬として米国で開発され、2005年から日本でも使用されています。脳梗塞では脳血流をできるだけ早く再開させることが症状の回復へと繋がります。

米国の試験では、t-PAを投与した場合と投与しなかった場合を比較すると、投与した場合の方が3ヵ月後に日常生活に支障がない程度まで回復した方の割合が高くなっています。日本の試験においても米国と同じ程度の結果となっています。

t-PAは血栓を溶かす作用が強いため、一方で副作用として出血する危険性もあります。米国の試験では、t-PAを投与した時に脳出血を発現した割合は、投与しなかった時と比べて5.8%高くなり、日本でも同程度の割合となっています。当院では脳出血が疑われた場合には、すぐに検査をして必要があれば外科的処置も行える体制を整えています。

より安全にt-PAを使用するために、様々な使用基準が設けられています。まず、発症して3時間以内の患者さんにのみ使用可能となっています。ですが、病院に到着してから投与するまで1時間位はかかるので、発症してから2時間以内に病院に到着する必要があります。その他に、非常に血圧の高い方、3ヶ月以内に脳梗塞を起こした方、過度に血糖値が高い、又は低い方などは投与することが出来ません。t-PAの使用にあたっては、様々な条件を満たし、医師と相談した上での投与となります。

t-PA実施件数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 合計
38件 65件 50件 49件 53件 64件 319件

※当院では、2007年より実施しております。